ウェディングドレス姿の女性が注目されがちな結婚式ですが、この日の主役は新婦だけではありません。
せっかくの晴れ舞台。新郎の衣装にもこだわりたいですよね。
とはいえ普段なかなか着る機会のないフォーマルスーツは、選び方がわからない方も少なくないのでは?
ここでは、体型や会場に合わせた新郎衣装の選び方をご紹介します。

ほそ身体型
ほそ身体型

ほそ身の体型の新郎は、顔周りにボリューム感を出しましょう。
Vゾーンに膨張色をコーディネートするのが基本。襟にスタッズ(金属の飾りびょう)やパイピング(端が細い別布で包まれている)のあるタキシードを選ぶのもおすすめです。
たまに、胸板の薄さをカバーしようと大きめのサイズのタキシードを選ぶ男性がいますが、これは逆効果。肩幅が合っていないことでスーツに「着られている」ような印象を与えてしまいます。むしろ体型を生かしてスリム系の新郎衣装を選べば、オシャレな仕上がりに。

ぽっちゃり体型
ぽっちゃり体型

身長とのバランスもありますが、ヒップラインまで隠れるロング丈のジャケットを選ぶことで体型カバーが出来ます。色はやはり、引き締まって見えるブラックやダークグレーがおすすめ。
シャツやタキシードの襟幅やネクタイの幅も太めなものを合わせて、全体的にバランス良く見せるように心がけましょう。
また、ぽっちゃり体型の男性は新郎衣装でもゆったりしたサイズを選びがちですが、ここではNGです。だらしない印象を与えかねないので、タキシードはあくまでジャストサイズを選んで下さい。

マッチョ体型
マッチョ体型

マッチョな男性がスーツを着ると窮屈に見られやすいので、ジャケットはVゾーンが深めのものを。太ももがパツンパツンなのが見えるので丈が短いものは避けましょう。しかし後ろが隠れるからといっても、テールコートはおすすめ出来ません。短い前丈によりマッチョ感が強調されてしまいます。
パンツは着痩せ効果の高い濃い色のものが必須。下半身ががっしりした体形の新郎の皆さんには、いわゆる「ジャケパン」タイプのタキシードも良いでしょう。薄いグレーのジャケットに黒パンツなどの組み合わせは、視覚効果でスタイルをカバーしてくれます。

背が低い
背が低い

縦のラインを強調しましょう。重心を下げる丈の長いジャケットは避けてショート丈を選んで下さい。テールコートの短い前丈は重心を高く見せてくれます。ポケットチーフや目立つネクタイで、ゲストの視線を高いところに引きつけるのもおすすめのテクニックです。
また、小さくまとまって見えてしまうことから、小柄な体型の男性に濃い色の3ピースはNGです。丈の短いパンツも、全身の縦ラインを短く見せるので避けましょう。

背が高い
背が高い

比較的どんなタイプのタキシードも似合うので、背が高い新郎はそれだけで得しているように思いますが、ほそ身やぽっちゃりなど全身としての体型バランスや小柄な新婦との釣り合いなどは、やはり考慮しなければなりません。
全体的なバランスとしては、下半身に重心を置くと良いでしょう。
ほそ身の方は、スリム過ぎるスーツは細長くて貧相な印象になるので注意が必要です。ぽっちゃりの方はすっきり見えるような着こなしを。ジャケットより濃い色のネクタイやストライプ柄のベストなどで身体の中心にポイントを持ってくると、全体がスマートな印象に変わります。

会場別タキシード
会場別タキシード

タキシードの定番といえば黒。格調高いホテルでの披露宴や伝統ある教会での式など、よりフォーマルな演出が求められる場には、上品で落ち着いた魅力の引き立つ黒がおすすめカラーです。新婦が着る純白のウェディングドレスとのコントラストもハッキリしているので、ライティングを抑えた会場でも目立ちます。
逆に、暖かな日差しの中でのガーデンウェディングには爽やかな色がおすすめ。光沢なしのグレーや白のタキシードなどナチュラルな中にも新郎らしさが演出された色は、主役の存在感を引き出してくるでしょう。
また、近年ますます人気の海外ウェディングですが、ハワイやグアムでの挙式はその多くが外や海沿いの会場で行われます。ガーデンウェディングと同じく白いタキシードでも良いですが、空や海をイメージしたネイビー系カラーもおすすめ。将来写真を見た時にもきっと満足出来るはず。


Page Top