ドレス試着チェックポイント

ウェディングドレスの試着では、1度に数種類のドレスを試着します。どのドレスも素敵で、
挙式当日に着用するドレスはどれが良いか迷ってしまいますね。
ウェディングドレスの試着の際には、チェックしておきたいポイントがあります。
運命の一着に出会うために、納得いくまでじっくりと試着をしましょう。
横浜や横浜近郊でウェディングドレスをお探しの方は、是非一度ご来店下さい。

Check1
肩・二の腕
肩・二の腕

肩幅の広さや二の腕のボリュームが気になる方は、肩を隠さずに出し切るホルターネックやビスチェタイプのドレスがおすすめです。反対に、撫で方や二の腕が細い方は、パフスリーブやオフショルダーのドレスを着用すると、バランスが良くなります。

Check2
バストライン
バストライン

バストラインは、ゆるすぎてもきつすぎても、ドレスの着こなしに影響が出てしまいます。ぴったりとした物を選ぶのがポイントです。ビスチェタイプのドレスを着用したときに、胸の部分が浮いてしまうようなときは、パッドである程度の調節が可能です。

ドレスサロンプルメリア横浜サロンでは、ある程度のお直しをすることも可能ですので、ご相談下さいませ。

Check3
バックスタイル
バックスタイル

ウェディングドレスは、背中が開いているデザインのものがほとんどです。背中は、自分では見えていなくても、挙式や披露宴のゲストにはよく見られるポイント。締め付けがきついものは、背中の肉がむっちりとした印象になってしまいますので、自分の体型に合ったものを選ぶようにして下さい。ドレスの試着に同行者がいると、的確な意見を聞くことが出来るでしょう。

Check4
ウェストのサイズ
ウェストのサイズ

ウェストのサイズは、両脇を少しつまめるくらいのゆとりがあるものがベストです。披露宴中は座っていることも多いので、ぴったりしすぎていると苦しくなってしまいます。ウェストはお直しがしにくい個所ですので、このポイントを覚えておきましょう。

Check5
ウェディングドレス全体のバランス
ウェディングドレス全体のバランス

ウェディングドレスは、ウェストの位置やスカート部分の長さが、普段着るような洋服とは違うことがほとんどです。試着の時に違和感を持つ方もいるかもしれませんが、ウェディングドレスを選ぶポイントとしては、ウェストの位置やスカート部分の長さばかりに注目するのではなく、全体的なバランスを見るようにすることです。

Check6
トレーンの長さ
トレーンの長さ

トレーンの長さに決まりはありませんが、会場の広さによっては長いトレーンは邪魔になってしまいます。トレーンの長さは、会場の広さを1つの目安にして決めると良いでしょう。

近年は結婚式場だけでなく、レストランでのウェディングも人気で、横浜市内にもレストランウェディングが可能なお店が沢山あります。レストランのような場所でのウェディングの場合は、トレーンが短めのドレスがおすすめです。

Check7
靴のヒールの高さ
靴のヒールの高さ

ドレスに合わせる靴は、ドレスの裾の長さや新郎の身長などを見ながらヒールの高さを決めます。高すぎても低すぎてもいけませんので、しっくりくるものを選ぶのがポイントです。

ドレスのデザインによっては、普段は履かないような高さの靴を履くことになる可能性もあるので、試着時にしっかりと確認しましょう。

Check8
コーディネーターがすすめるドレス
コーディネーターがすすめるドレス

ウェディングドレスの試着では、3〜5着のドレスを試着します。自分の好みのデザインのドレスを着るのももちろん良いことですが、サロンのコーディネーターがすすめるドレスも着用してみましょう。

サロンのコーディネーターは、ウェディングドレス選びのプロです。挙式会場や花嫁の雰囲気など、ポイントを押さえたウェディングドレスをすすめてくれますので、自分では想定していなかったデザインのドレスをすすめられた場合でも、試着をしてみることをおすすめ致します。

ドレスサロンプルメリア横浜サロンでも、お客様の好みや挙式会場の雰囲気を踏まえて、ドレスを提案させて頂きます。

Page Top