シューズ

見ていない人は見ていないけれど、見ている人はしっかりチェックしているのがウェディングシューズ。
トータルコーディネートとして決して気が抜けない部分が実は足元なのです。何を重視するかによって
ウェディングシューズの選び方は様々。真っ白なウェディングドレスに真っ白なシューズ…とも限らないのです。
ここではあまり注目されないウェディングシューズについて、選び方のポイントをご説明致します。

一番のポイントはドレスから足が見えるかどうか
一番のポイントはドレスから足が見えるかどうか

結局のところ、「足はほとんど見えないからシューズにはお金をかけません」というのもアリです。裾が長く、ボリュームたっぷりのウェディングドレスは、実際着てみると歩くのも一苦労。生地が足にまとわりついて、バランスを取れずに転びそうになったりもします。軽くドレスを蹴りながら歩くと上手に歩くことが出来るのですが、ただでさえこんな感じでバランスを崩しがちな衣裳ですから、やはり、足が見えないドレスを着用する場合、ヒールが高すぎず、歩きやすいシューズを選ぶようにすると失敗しないでしょう。
逆にくるぶしが見えたり、大胆に足見せするようなデザインのウェディングドレスなら、シューズもドレスに負けないよう、オシャレなものを選ぶと全体として可愛らしくまとまります。レースをたっぷりあしらったもの、コサージュやリボンを大胆にあしらったもの、思い切りヒールの高いストーム付きシューズもインパクトがあってオシャレです。

ヒールの高さは新郎の身長も考慮に入れて
ヒールの高さは新郎の身長も考慮に入れて

ウェディングシューズの役割は、花嫁さんの美しさを演出するアイテムとしてだけではなく、もっと大きな役割を持っています。
それは新郎との身長差調整。
結婚式は新郎新婦、二人並んで初めて成立するものです。並んで歩いたり写真を撮ったりしたとき、お二人の高さのバランスがとれているかどうかでも見栄えが随分と変わって来るのです。

理想とされる新郎新婦の身長差は10cm。新郎が大きい場合は、ヒールの高いウェディングシューズで高さを調整し、逆にあまり身長差の無いカップルの場合はローヒールで調整すると綺麗な雰囲気になります。

シューズは白!…とは限らない
シューズは白!…とは限らない

白いウェディングドレスに合わせるウェディングシューズは当然白、と思っていらっしゃる方も多いと思います。実際、無難ですし、まとまりもあって綺麗です。しかし、ウェディングシーンも本当にバリエーションが広がりました。真っ白なウェディングドレスに、黒や赤、ポップなイエローなどをチョイスし、“敢えて外す”オシャレも近年注目を集めています。人と違った結婚式がしたい、雑誌の1ページのような写真を撮りたいなど、個性を前面に出したい方には思い切り遊びを盛り込んだウェディングシューズ選びもおすすめです。

但し、どんなシューズにも共通して言えることですが、汚れは厳禁です!

Page Top